【生前整理】収納のコツをまとめてみた!安全性を高める方法を解説

部屋がごちゃごちゃしている。

高齢になったお母さん、お父さんの家はそんな状態になっていませんか?

 

部屋が整理されていない状態には、実は非常に大きなリスクが潜んでいます。

このリスクを回避するために、部屋の整理をしなければなりません。

 

その際、「生前整理」を行うのです。

家にあるものを整理し、部屋を生活しやすい環境に整える。

そして、新たな気持ちで、その後の生活を続けていくのです。

 

今回は、そんなリスクを回避するための、

生前整理の知識の中でも、「収納」に関するコツをまとめていきます。

 

収納の方法によっては、せっかく整理した部屋でも、

すぐに散らかってしまったり、怪我のリスクを増大させてしまうことも。

 

こういったことを回避するべく、収納に少しのコツを入れていきましょう。

 

では、始めていきます。

 

高齢者の事故リスク!発生場所No.1は…..

まずは、簡単な前フリを二点紹介していきます。

 

1つは、この章。

高齢者の事故リスクについてです。

 

もう1つは、生前整理の3つのステップについて。

このあたりは、内容にも若干絡んでくるので、

読んでおいてほしいです!

 

では、高齢者の事故リスクと発生場所について解説します。

 

高齢になってくると、些細な事が事故につながりやすくなってきます。

リスクがどんどん上昇していくのです。

 

例えば、高いところにあるものを取る時。

何かの踏み台に乗って、それを取ろうとします。

 

しかし、年を取ってくると、筋肉の衰えとともに、

バランス感覚なども鈍ってきます。

 

思いがけないところで、バランスを崩し、転倒。

小さな行動が、大きな事故につながりやすくなるのです。

 

今までは、考えられなかったことでも、

高齢になってくると、これまでの経験が通用しないことも出てくる。

 

ここを理解しておかなければなりません。

 

高齢者の事故発生場所、NO.1は自宅

以下の、グラフを御覧ください。

 

(引用:http://www.garbagenews.net/archives/2003595.html

 

実に、8割近い件数が、自宅での事故になります。

こちらは、20歳〜65歳の発生件数も似通ったデータが出ていますね。

 

やはり、住宅内での事故は、非常に多いのです。

高齢になってくると、このタイプの事故のリスクが、一段と高まります。

 

整理されていない部屋、危険が潜む行動。

このあたりは、しっかりと意識しておく必要があるといえるでしょう。

 

生前整理のやり方3ステップ

続いて、生前整理のやり方、方法に関する知識をまとめます。

 

生前整理は、実は難しそうに見えて、3つの単純なステップで行われるのです。

 

 

仕分けをし、処分をし、収納をする。

順番的には、二番と三番を入れ替えても構いません。

 

今回は、この「収納する」という部分を重点的に解説していきます。

もし、全体的な方法を知らない場合、下記の記事を先に読むと、

理解が深まります。

【生前整理】やり方&方法を解説!ポイントやコツをおさえよう

2017.04.04

 

生前整理の収納のコツ&ポイントを解説

生前整理の収納は、何を重視するのか。

それは、以下の二点です。

・安全性

・汚くならない

 

この二点が、非常に重要。

では、それぞれを保持するための、収納のコツやポイントを抑えていきましょう。

 

【大前提】コツを確認する前に….

コツを確認する前に、大前提となるものを書いておきます。

 

収納は、生前整理の中でも最後に近い部分に位置しています。

その前に、当然ですが、

「仕分けて」「処分する」というステップが存在していることを忘れないでください。

 

 

そこで、前提なのですが、

「収納するものには、使うものしか存在していない」ということ。

 

生前整理の方法の中に、

整理するか迷ったものは「保留」という選択肢を選ぶことができる。

 

こういったものがあります。

ただ、「保留」のものと「よく使うもの」を一緒にしないように注意しましょう。

 

これから収納をするものには、みなさんが「使う」ものしか入っていないのです。

 

仕分けがしっかりと行われていない場合、

下記のコツを使って、どんなに上手く収納をしても、意味はないです。

 

まずは、しっかりと仕分けを行って、使うものしかない状態に持っていってください!

仕分けに関しては、下記のリンクページに書いてあります!

【生前整理】やり方&方法を解説!ポイントやコツをおさえよう

2017.04.04

 

収納のコツ①高いところにものを置かない工夫をする

まず、安全性を高めるためには、自分の背丈より高い場所にものを置かないことです。

 

冒頭でも触れましたが、

何かに乗ってものを取ろうとすると、事故リスクが高まってしまいます。

 

なるべく、お母さん、お父さんの手の届く範囲に、

ものを収納するようにしてください。

安全性を高める上で、これは絶対に守るべきことだといえます。

 

例えば、食器棚なども、

しっかりと整理をして、物を減らし、高い部分は空にする。

 

食器棚のスペースが勿体無いじゃないか!と思うかもしれませんが。

別に、スペースを無理に埋める必要はないのです。

 

やはり、高いところに収納しないためには、

まず、ものを減らす必要はあります。

 

この部分は、先程のリンクから方法論を学んでいただければと思います。

 

収納のコツ②不安定な形で収納しない

物が積み重なっている。

狭いスペースに、たくさんものが溢れている。

 

こういった収納方法は、物が落ちる原因になります。

いつ、どこにリスクが潜んでいるのかわからない。

 

そのため、しっかりと安定した収納をする必要があります。

ものを積み重ねるのはNGです。

(服などは別ですが…)

 

本や生活用品は、積み重ねやすいものになります。

このあたりを注意して見てあげてください。

 

しっかりとものを減らし、収納には7割までしか入れない。

ごちゃごちゃになって、不安定な収納のやり方はしないようにしましょう。

 

収納のコツ③よく使うものほど前へ

こちらは、部屋が汚くならないコツの1つです。

 

自分が必要と感じ、仕分けのときに残したものでも、

毎日使うもの、週に一度使うもの、といった感じで、使う頻度は違うでしょう。

 

例えば、調理器具。

時々使う、泡立て器やすり鉢、すり棒などが手前に置いてあり、

奥に皮むき器を入れます。

 

そうなると、毎日のように使う皮むき器を出す際、

一度奥の方を探して、皮むき器を出さなければなりません。

 

そうならないように、「ワンタッチ」で取れる位置に、

よく使うものを配置しておきましょう。

 

これが、収納をする上で、一番くらいに重要なコツです。

服でも、よく着る服を前へ。

時々使う、外出用の服は奥へ。

 

服に関しては、クローゼット等にかけられる量に、

仕分けの時点で調整しておくことが望ましいです。

 

服の量自体が少なければ、意識しなくても「ワンタッチ」で取れる位置に、

ものを収納することができるので、「仕分け」もやはり大事。

 

パッと取って、パッと返せる。

取る際も、返す際も壁が無く、楽に返せる環境を作りましょう。

 

収納のコツ④物が帰る位置を決めておく

定位置を決めておく。

 

ものが、どこに帰るのかを決めていないと、

物が散らかり始め、どこにしまったのか忘れてしまう。

 

そんな状態に陥ります。

 

また、物の定位置を決めておかないと、

「とりあえず置き」が発生します。

 

ここにとりあえず置いておこう。

この安易な気持ちが、均整の取れた部屋を汚すのです。

 

物が変える位置をしっかりと定め、

確実に元あった場所に戻すようにしましょう。

 

収納のコツ⑤使うものは、使う位置の近くへ

こちらは、収納のコツ③を補完するような内容になります。

 

2階で使うものを、1階に収納している場合。

わざわざ二階を行き来して、使ったら返さなければなりません。

 

ここに、障壁が発生します。

 

ものを元あった位置に「返しやすいように」「使いやすいように」

使う場所の近くに、ものを配置しておく必要があるでしょう。

 

また、複数の場所で使うものがあると思います。

例えば、ハサミです。

 

ハサミは、新聞紙をまとめるときにも、

自室で何かの袋を開けるときにも使いますよね。

こういったときに、どこに配置すれば良いのか。

 

これは、「自室」「新聞紙を入れる場所の近く」

2つ置きます。

 

「導線」を意識して、ものを置く工夫をしてみましょう。

 

ハサミやのりなどは、使うと思われる場所に、

必ず1つずつ置くようにすれば、簡単にものを返しやすくなります。

 

少しでも、元に戻す際に生じる障壁を排除しましょう!

 

収納のコツ⑥かける&吊るすが楽

人が一番ラクに片付けをできる動作。

それが、「かける」だったり「吊るす」といった動作なのです。

 

上の画像のような収納方法は、

すべてが一発で取れる状態、さらにすべてを一発で収納できる状態。

 

非常にシンプルで、綺麗に収納されていますよね。

 

こちらは、服の収納です。

 

服に関しても、たたむという収納よりも、

一発で取り出せるように、かける収納を心がけています。

 

まとめ

今回は、生前整理の収納のコツをまとめていきました!

 

収納に関しては、「日常に潜むリスク」をいかに軽減できるかが重要です。

また、しっかりと収納をして、部屋が汚くならないように心がけたいですね!

 

では、まとめです。

 

まとめ

・室内の事故リスクは非常に高い

・高齢になると、予期せぬ事故のリスクも

 

・収納のコツ①高いところにものを置かない工夫をする

・収納のコツ②不安定な形で収納しない

・収納のコツ③よく使うものほど前へ

・収納のコツ④物が帰る位置を決めておく

・収納のコツ⑤使うものは、使う位置の近くへ

・収納のコツ⑥かける&吊るすが楽