部屋が汚い!を改善する断捨離の方法を解説!片付けが簡単になる魔法

「部屋が汚すぎて、彼氏を家に呼べない….」

「部屋を片付けても、すぐに汚くなってしまう」

 

筆者も、このような悩みを持っていました。

正直、部屋が汚い期間が長すぎて、それに慣れてしまった。

 

いくら部屋が汚くても、問題ない。

そう思っていましたが….

 

今回は、筆者の体験を混ぜて、「部屋が汚い!」という状態を改善する、

断捨離の方法をまとめます。

 

【導入】片付け・断捨離を本気でやろうと思った理由

ちょうど、1ヶ月ほど前。

筆者が本気で片付けをしなければ…..

そう思った出来事が起こりました。

 

このページに来ていただいた方は、共感できる部分もあると思うので、

まずはそちらを説明していきます。

 

筆者は、現在大学生です。

幼い頃から、部屋を片付けるという習慣がなく、

どうしても部屋が汚くなってしまう。

 

母親には度々怒られていました。

(うちの妹、弟も片付けられない人です笑)

 

ただ、正直あまり気にしていなかった。

なぜなら、別に部屋が汚くとも、なんとも思わなかったし、

別に誰かを部屋にいれるわけでもない。

 

小学生〜高校生までなんて、

家で遊ぶことなどはほとんど無かったですね。

ほとんど、どこかに遊びに行っていました。

 

そして、大学に入り、一人暮らしを開始します。

お察しの通り、部屋がやばい状態になりました。

 

ただ、慣れもあり、汚くとも全く問題ない。

部屋に友人が来ることはありましたが、

汚いと言われても、気にしていませんでした。

 

しかし、あるきっかけが筆者を動かすのです。

 

そのきっかけというのが、

友人にツイッターで部屋の画像を拡散されたこと(笑)

 

いや、笑い事じゃないんですけどね…

もう、いろんな人から、

「あれはやべえよ」と言われ、やっと部屋の片付けの必要性に気づいたのです。

 

そこから、一念発起し、片付けを決行!

片付けといっても、普通の片付けではありません。

そう、断捨離です。

 

【考察】部屋が汚い!は性格が原因ではない

さて、断捨離の方法や実際の断捨離の体験を書いていく前に….

断捨離をした結果、どのようなことに気づいたのか?

断捨離でどんな改善があったのか?

 

このあたりの説明をしていきます。

 

断捨離を通して考えたことは、認識の違いでした。

もともと、片付けられない性格だと思っていた筆者。

 

「こういう性格だし、しょうがない」

こんな風に諦めていたんですね。

 

家事をやるのは面倒。

そういう性格なんだししょうがない。

 

部屋がすぐに汚くなる。

そういう性格なんだししょうがない。

 

こんな認識がありました。

しかし、実際は違います。

部屋が汚い原因に、性格は全く関係ないのです。

 

21年間、毎日ゴミのような部屋に住んでいた筆者が言うのだから、

少しは信憑性がありますよね?

 

部屋が汚くなる原因には、以下のようなことが関係しています。

◯部屋が汚くなってしまう原因

  1. 自分が扱えるより、圧倒的に多い物の量
  2. 住所不定の物たちが多数ある

 

筆者の兄弟、三人ともこの原因に当てはまっていました。

 

まず、物の量が圧倒的に多すぎる。

物が多すぎて片付けても、結局散らかってしまう。

 

そして、居所がきちんと決まっていない物が、

どんどん移動し、バラバラになっていく。

 

これが、部屋が汚くなる原因なのです。

筆者は、これらの原因を改善したことで、性格まで変わりました。

 

家事はためずに、すぐにやる。

寝る前には、1分で綺麗な状態に戻す。

 

こういった習慣までも、付いてしまいました。

どうですか?断捨離をしてみよう!

部屋が汚い!を改善しようと思っていただけましたか?

 

そろそろ、飽きてきた頃だと思うので、

断捨離の方法や実体験を見ていきましょう。

 

【方法論】断捨離のやり方とは?

では、筆者が行った断捨離の方法を紹介しましょう。

 

断捨離は、実は以下の3つのステップで行うことができます。

これが、3つのステップです。

ここからは、各項目について簡単にまとめていきます。

 

もし、詳しく知りたい方は、

別のページにしっかりとまとめてあるので、下記リンクより御覧ください。

【断捨離】無理せずできる方法とは!後悔なしで実行できるコツを紹介

2017.04.29

 

 

ステップ1 仕分ける

まずは、ステップ1の「仕分ける」という項目について。

 

こちらは、断捨離の根幹をなす部分になります。

仕分ける際は、まず3つの山に分けていきます。

 

使わないものは、きっぱりと処分に回す。

使うものは残す。

 

そして、「保留」という項目に関しては、

思い出の品で捨て難いもの、今捨てるか迷うもの。

こういったものは、保留に入れてください。

 

さて、断捨離では「仕分け」が一番きづいところです。

そのため、なるべく一気にやらないほうがいいでしょう。

 

まず、1つの引き出しから仕分けをする。

1つのクローゼットから、1つの棚から…

 

このように、なるべく1エリアずつやっていくと、

うまくいきます。

 

大変だとは思いますが、ここは頑張っていきましょう。

さて、ここで1つ注意があります。

 

注意点

・1つのものに対し、しっかりと悩むこと

・なんでもかんでも捨てれば良いというわけではない

 

この二点が最重要。

よく、断捨離の情報サイトでも、本でも、このような文面が書かれています。

 

「迷ったら捨てろ!悩んだら捨てろ!」

この方法、はっきりいって後悔します。

 

断捨離をした後に、

「なんで何も考えず捨ててしまったんだろう」

 

こんな後悔をする方が非常に多いのです。

断捨離の欠点の部分ですね。

 

このような後悔をなるべく避けるためにも、

よく悩み抜いて、ものと向き合ってください。

 

ステップ1「仕分け」のポイント

  1. 3つのグループに分ける
  2. 1つのエリアから手を付けていく
  3. ものを捨てるか?残すかはしっかりと悩むこと

続いて、ステップ2です。

 

ステップ2 処分する

 

ものの処分に関しては、

捨てるよりもなるべく「買取」に回したほうが良いでしょう。

 

最近は、買取業者も充実しているため、

家にいながらすべての買取を完了することが可能です。

 

捨てに行くよりも楽ということも。

このあたりのサービスに関しては、ステップ3下のリンクのページに詳しく書かれています。

 

 

 

ステップ3 収納する

ステップ1でしっかりと仕分けをしたものを、

きちんと収納できないと、すぐにリバウンドしてしまいます。

 

そのため、このステップも非常に重要です。

まずは、簡潔にポイントをまとめましょう。

 

断捨離:収納のポイント

  1. よく使うものほど手前に置く
  2. ものに定位置を与える
  3. 保留は分ける

 

最も重要なポイントが、以上の三点。

 

まず、①よく使うものほど手前に置くという部分。

 

仕分けをして、使うものを収納しているわけですが、

その中にもよく使うもの、時々使うものが別れていると思います。

 

もし、時々使うものが引き出しの中で、

手前にあったら、取り出しにくいですよね。

 

意外に、この部分を意識しないで収納する方がいます。

奥のものを取り出そうとして、結果的にごちゃごちゃになってしまうのです。

 

このような、要因を早めに予防するために、

使うものにも序列を決めて収納しておきましょう。

 

続いて、②ものに定位置を与えるについて。

これが、かなり重要です。

 

それぞれ、使うものに必ず定位置を与えるようにしてください。

ハサミはここ、ボールペンはここ。

ノートはここ…

 

このように、定位置を与えないと、

他の部分に紛れ、汚くなる原因を作ってしまいます。

 

使ったらすぐに返せるように、

必ず定位置を決めて、収納をするようにしましょう!

 

続いて、③「保留」の取り扱い方について。

こちらは、ステップ1の仕分けの項目で出てきたものですね。

 

残すか?捨てるか?で迷ったものを「保留」に入れていると思います。

 

さて、この保留についてですが、

絶対に他のものと一緒に収納しないようにしましょう。

 

なぜかというと、部屋が汚くなる原因になるだけではありません。

せっかく仕分けしたものが、ごちゃごちゃになってしまうのがもったいないからです。

 

「保留」は断捨離が完了した後、

2〜3ヶ月後に、もう一度断捨離をする候補になります。

 

一発で、保留したものとわかるように、

1つにまとめておくようにしてくださいね。

 

ここまで、断捨離の方法について、

若干駆け足になりましたが、説明していきました。

 

以下のページに、もっと詳しい内容が書いてあるので、

そちらもご確認ください。

 

【断捨離】無理せずできる方法とは!後悔なしで実行できるコツを紹介

2017.04.29

 

【結果】断捨離で改善した部屋を公開

さて、ここからは断捨離の体験談的な部分で、

どのようにして汚い部屋が、綺麗になったのかを見ていきましょう。

 

今回は、メインとなるリビングの断捨離。

筆者は一人暮らしなので、リビングに多くのものがありました。

 

・クローゼット

・デスク周り

・本棚とTVボード

 

この3つの断捨離の体験談をまとめていきます。

 

汚いクローゼットの中も….

まずは、クローゼットです。

筆者は服を集めることが好きで、たくさんの服を持っていました。

 

とにかく、クローゼットの中も服で溢れ、大変なことに…

では、そのクローゼットの中を御覧ください。

 

当然ですが、扉は閉まりません(笑)

3年近く、扉が閉まったことはありませんでした。

 

画像では切れていますが、

この下にも服がたくさん落ちていて、クローゼットから流れ落ちている状態。

 

まずは、ここから手を付けます。

こちらは、いらない服ですね。

まだほんの一部ですが、本当に大量でした。

 

こんな感じで、カーテンレールにも大量の服が!

これらもすべて仕分けをします。

 

服が大量過ぎて、大変なように思うかもしれませんが、

実際、そこまで迷わず仕分けできました。

 

いつも着ている服、着ていない服がわかっていたからです。

結果的に….

 

ここまでスッキリとしました!

3年ぶりに、ここのドアを閉めることができましたね(笑)

 

服は、いつも取り出しやすいように、

ハンガーにかけてうまく収納してあります。

 

服は、畳んで重ねる収納をオススメしません。

レールにかける収納が非常に便利なので、そちらを利用したほうが良いでしょう。

 

先程の画像の右側にあった、かけるタイプの収納です。

これが本当に便利。

 

パンツを入れているので、重ね収納をせずに済みます。

 

クローゼットに関しては、下記のリンクに詳しく体験談が載っているので、

今から服の断捨離をするよ!という方は、見に行ってくださいね!

部屋が汚い!を改善する断捨離の方法を解説!片付けが簡単になる魔法

2017.05.15

 

デスクまわりも一気に改善!

続いて、デスク周りの断捨離をやっていきます。

 

今までは….

ものがごちゃごちゃで仕事がしにくい。

そんなデスク周りでした。

 

とにかく、物が煩雑に置いてあります。

 

デスク周りに関しては、ゴミも多く、

捨てるだけでもかなり片付いた気がします。

 

仕分けの様子は、この後の本棚&テレビボードのところで、

写真を載せておきます。

 

デスク周りの断捨離の結果、

こんな感じになりました。

 

スマートですね!

今、この机で仕事をしていますが、非常に集中しやすい環境です。

 

断捨離の効果という記事でも説明していますが、

「仕事の能率が上がる」という部分は、本当だと思いますよ。

 

机の上を比較してみれば、どちらが仕事をこなせるか。

一目瞭然ですよね。

 

本棚&デスク周り

さて、最後に本棚とデスク周りです。

 

こちら、本棚です。

ごちゃごちゃしていて、機能を果たしていませんでした。

 

中に入っている本は、ロフトの方に移動します。

残りは、紙が非常に多かったですね。

 

大学で貰うレジュメをそのままにしてあるので、

非常に紙のゴミが増えてしまいました。

 

さて、仕分けをします。

先程の机の部分と一緒に仕分けをしました。

 

こんな風に、3つの山に分けています。

左から、残すもの・保留・処分となっています。

 

こちらを、上手く収納した結果がこちら。

上の棚から、使うもの順に並んでいます。

 

一番上の棚に、よく使うものを集約してあるので、

デスクから座りながらでも取りやすい状態が出来上がっています。

 

続いて、TVボードの周りですね。

TVボードの下の箱は、物が溢れすぎて奥に入らない状態。

配線もごちゃごちゃで、かなり汚い状態になっていました。

 

ここも仕分けをしていったのですが、写真を撮り忘れてしまいました(笑)

そのため、結果の画像だけを載せます。

箱の中も整理し、非常に綺麗に収納できていますね。

 

ちなみに、箱の中身はこんな感じ。

配線関連が非常にたくさんあったので、

一つ一つ袋に詰めて、収納するようにしています。

 

運良くポリ袋を見つけることができたので、

それに一つずつ入れた形です。

 

さて、ここまでで、リビングの断捨離は大体終わりました。

 

デスク周りと本棚&TVボードの断捨離は、

下記のリンクで詳しく解説しています。

 

 

全体像を見てみると….

 

かなりスッキリとした状態です。

 

ちなみに、この状態になってから3週間。

全く部屋が汚くなっていません。

やはり、部屋の機能自体が改善しているということでしょう。

 

片付け自体が非常に楽で、ものをぱっと返すだけなので、

すぐに終わります。

 

やはり、片付けられなかったのは、

物が多すぎたということですね。

 

今回の断捨離を、参考にしていただけると幸いです。

 

まとめ

部屋が汚い。

このままでは嫌だ。

 

そう思った方は、断捨離をする決心をしてみてはいかがでしょうか?

部屋が汚くなってしまうのは、性格のせいではありません。

 

自分が管理できるものの量をオーバーしているからなのです。

このあたりの認識を改善し、片付けを進めていただければと思います。

 

部屋の汚さを改善するのは、案外簡単なことですよ!