【遺品】自動車の名義変更の注意点とは?相続or廃車の方法も解説

 

遺品の相続は色々な手続きがあり、非常に大変です。

 

多数の書類を書く必要があり、何も知らない状態から始めるのは、

迷いも生じてしまいます。

 

今回は、多数の相続品の中でも、

「車」にフォーカスを当てて、名義変更の手続きなどを解説していきます。

 

相続するにはどんな手続が必要か?

廃車にするにも手続きはいるのか?

名義変更などの手続きをせずに、そのまま乗ることは可能か?

 

このあたりの知識も、同時に確認していきます。

では、はじめていきましょう。

 

【遺品】車の相続の3パターン

今回、取り扱っていく遺品の車の相続は、全部で3つのパターンに分けられます。

その3つのパターンとは、以下のとおりです。

 

車の相続-3つのパターン-

  1. 車を名義変更し、相続する
  2. 車を廃車にする
  3. 車を他人に譲る

このパターンを、当サイトでは取り扱っていきます。

 

全てにおいて、面倒な手続きがありますので、

しっかりと構えて読み進めてくださいね。

 

パターン0 面倒な手続きをせず、そのまま乗る

ここで、以上のパターン以外の方法を見ていきます。

 

それが、名義変更や相続の手続きをすべて省いた、

「そのまま乗る」という方法です。

 

この方法を取る方は意外にいるらしく、

後に、後悔をするパターンが増えているらしいですね。

 

名義変更などをせず、そのまま遺品の車を使用する場合。

車が使える間は、全く問題ないです。

 

そのまま、普通に使用することが可能となっています。

しかし、遺品の車を「売る」とき、「廃車にする」ときに問題が発生します。

 

いつかは、車は売ったり廃車にする時が来ますよね。

その際に、結局名義変更をする必要があるのです。

 

名義変更には、相続人の全員が関わる手続きがあります。

現状は、相続人が全員いる状態でしょう。

 

しかし、将来的に相続人が全員そろうかはわかりません。

 

その際に、名義変更の手続が行えない可能性が発生し、

遺品の車を売ったり、廃車にしたりすることができなくなります。

 

こうしたリスクを回避するために、

今のうちに、面倒な名義変更などの手続きを済ませておきましょう。

この章のまとめ

  1. 「相続」「廃車」「譲渡」の3つのパターンに触れる
  2. そのまま乗ることはおすすめしない

 

①遺品の車の名義変更→相続

遺品の車の名義変更の手続きする際、2つの状況を考える必要があります。

 

それが、相続人が「単独」か「複数」かという点。

この2つのパターンに分けて、車の名義変更に必要な書類をまとめます。

 

また、軽自動車と普通車では、少し勝手が違います。

ここからは、普通車に関しての相続をまとめていきます。

その後、軽自動車の相続に関して、説明を加えていきたいと思います!

 

【名義変更】相続人が一人の場合の必要書類

相続人が一人の場合は、以下の用な書類が必要になります。

 

相続人が一人の場合

  • 自動車検査証
  • 車庫証明
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 自動車納税証明書
  • 自動車税
  • 自賠責保険証明書
  • 手数料納付書
  • 戸籍謄本
  • 印鑑証明

自動車車検証〜手数料納付書までが、「名義変更」に必要な書類。

そして、戸籍謄本と印鑑証明が、一人の場合の相続に必要な書類です。

 

【名義変更】相続人が複数の場合の必要書類

相続人が複数の場合には、以下のような書類が必要になります。

 

相続人が複数の場合

  • 自動車検査証
  • 車庫証明
  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 自動車納税証明書
  • 自動車税
  • 自賠責保険証明書
  • 手数料納付書
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員の名前がある戸籍謄本
  • 相続人の印鑑証明

 

ここで、分かりづらいのが、

「遺産分割協議書」でしょう。

 

遺産分割協議とは?

遺産分割協議とは、相続人の間でトラブルが起こらないように、

誰がどのように相続するのかを決めること。

相続人全員が参加し、一人でも参加していない場合は、

その協議は無効となる。

 

要するに、誰がどう分割して相続するのか?ということですね。

こちらを決める協議をし、全員で相続方法を決めなければならないのです

 

相続人が複数いる場合は、これらの書類を揃え、

車の名義変更をする必要があります。

 

では、実際に名義変更はどこですれば良いのか?

次はその部分を見ていきましょう。

 

名義変更はどこでする?

必要な書類が揃ったら、次は遺品の車の名義変更を

実際に行っていきます。

 

名義変更は、「運輸支局」で行います。

運輸支局とは、陸上や海上の交通や運輸に関する、手続きを行う機関です。

 

運輸支局は、

車のナンバープレートに記載されている地域ごとに存在します。

 

例えば、筆者の故郷である「宮城県ナンバー」の場合は、

「宮城運輸支局」で名義変更ができます。

 

下記のリンクに、自分の車がどこで名義変更できるのか?を調べることができますので、

こちらよりお調べください。

https://annai-center.com/unyu/

 

遺品の車を名義変更する際の費用

続いて、名義変更に対する費用のお話をしておきます。

 

車を名義変更する際、以下のような費用がかかります。

車の名義変更にかかる費用

  • 移転登録手数料→500円
  • 印鑑証明書→200円〜400円
  • 申請書の用紙の代金→100円
  • ナンバープレート代→1400円〜1900円

印鑑証明書は、本来は新旧の所有者の印鑑証明書が必要でした。

しかし、遺品の車の場合は、新しく相続する方のものだけでOK。

 

また、ナンバープレートに関しては、

ナンバーを変えたい場合のみ、必要な費用となります。

 

軽自動車の相続に関して

ここまで、遺品の自動車の相続に関してまとめていきました。

 

ただ、前置きをしていたとおり、

「普通車」と「軽自動車」では、少し勝手が違うのです。

 

どこが違うのか。

それは、「軽自動車は相続の書類が必要ない」という点です。

 

そのため、かなり簡単に名義変更ができてしまいます。

軽自動車の名義変更の手続は、以下のような書類を用意しましょう

軽自動車の名義変更の書類

・自動車検査証記入申請書
・車検証
・自動車取得税・軽自動車税申告書
・住民票または印鑑証明書
・ナンバープレート

 

これらの書類を用意するのみで、軽自動車の名義変更は可能です。

 

なぜ、相続関連の書類が必要ではないのか。

簡単に言うと、軽自動車や250ccまでのバイク、小型特殊自動車は、

財産扱いされないからです。

そのため、相続の書類は必要ないというわけですね。

この章のまとめ

  • 名義変更は相続人が「単独」か「複数」かで方法が違う
  • 遺産分割協議書の作成に注意
  • 運輸支局で名義変更を行う
  • 軽自動車の場合は、相続は必要ない
  • 軽自動車は名義変更のみでOK

 

 

②遺品の車を譲渡する場合

では、続いてパターン2として、

遺品の車を譲渡する場合を考えていきましょう。

 

譲渡する場合、結局は名義変更をしなければなりません。

名義変更の知識は、ステップ1でまとめましたので、そちらをご参照ください。

 

では、第三者に譲渡する場合を考えていきましょう。

 

1つ、例を出していきます。

車の所有者Aさんが、なくなってしまいました。

そこで、子であるBさんが相続をする必要があります。

しかし、Bさんは車が欲しくなかったので、Cさんに譲ることにしました。

 

さて、この場合、どんな手続が必要になるのでしょうか。

 

「Aさん→Cさんという流れで名義変更するの?」

いえ、違います。

 

この場合、まずはAさんからBさんへ相続します。

そして、その後にBさんからCさんへ譲渡するといった流れになります。

この際「ダブル移転」という方法で、譲渡を行っていきます。

 

ダブル移転とは?

通常、2回で行う移転作業を、1回で済ませる手続きのこと。

 

普通ならば、Aさん→Bさんへ相続で一回分。

そして、Bさん→Cさんの名義変更作業で一回分。

合計、二回分の移転作業が必要になります。

 

しかし、ダブル移転という方法を使えば、

それを一回で済ませることができるのです。

 

相続を受ける側の方に、以下のような書類が揃っている場合、

ダブル移転という方法を行うことができるのです。

 

1 自動車検査証記入申請書(移転登録申請書)
2 手数料納付書(登録印紙の購入窓口で貰えます。)
3 遺産分割協議書(相続人全員の実印が必要)←相続人が複数の場合
4 戸籍謄本(除籍)
5 印鑑登録証明書(3ヶ月以内のもの)
6 委任状(代理人が申請する場合。実印を押印したもの)
7 自動車検査証(車検の有効期間のあるもの)
8 車庫証明書(使用の本拠の位置が変わる場合)
9 自動車税・自動車取得税申告書(税申告の窓口で貰えます)
10 実印

以上のような書類が必要となります。

もし、第三者への譲渡を考えている場合、

こういった作業の仕組みは、非常に難解です。

 

そのため、行政書士などに相談してみるのも手でしょう。

 

ちなみに、ダブル移転で名義変更を行う場合、

譲渡する側は、2回分の名義変更代金を支払う必要があります。

 

2回を1回で行うダブル移転という方法ですが、

費用は2回分必要な点に注意が必要ですね。

 

この章のまとめ

  • 譲渡の場合は、ダブル移転で行う
  • 仕組みが非常に難解→行政書士等に頼むと良い

 

③遺品の車を廃車にする場合

遺品の車を廃車にする場合、以下の2つの方法があります。

 

  1. 買取業者に頼み、廃車の手続き含めやってもらう
  2. 相続→廃車手続きをする

 

この2つのどちらかの方法で、遺品の車を廃車にしていきましょう。

 

まずは、②相続→廃車手続きの方法からみていきます。

 

相続→廃車手続きで廃車にする

こちらは、「普通車」と「軽自動車」で扱いが変わってきます。

 

まずは、「軽自動車」の場合。

軽自動車の場合は先程もお話したとおり、相続の書類は必要ないです。

名義変更→廃車手続きの流れで、遺品の車を廃車にしていきます。

 

次に、普通車の場合。

こちらは、相続・名義変更の手続き→廃車手続きをしていきます。

 

相続や名義変更の手続は、「①遺品の車の名義変更→相続」の部分で解説していますので、

そちらをご参照ください。

 

廃車にするなら、買取業者に頼むのが楽

さて、もし車を廃車にするなら、面倒な手続きをするよりも、

買取業者に頼んだほうが、楽です。

 

最近の買取業者は、車の廃車手続きの代行を行っています。

そちらを利用していきましょう。

 

ちなみに、ほとんどの場合で費用はかかりません。

車の買取額で、代行費がまかなえるからですね。

 

車の買取価格ー代行手続き費(5000円が目安)

この残りのお金を貰うことができるため、

最終的にはプラスになりますね。

 

そのため、面倒な手続きを代行してもらい、

車の廃車分を買取に回すことをおすすめします。

 

車の買取は、「カーネクスト」など、

廃車の代行手数料が無料の業者で行うと良いでしょう!

 

この章のまとめ

  • 軽自動車と普通車で廃車の方法が違う
  • 代行業者に頼む方が楽

 

まとめ

今回は、遺品の車の名義変更や廃車、相続、譲渡の方法に触れていきました。

名義変更など複雑な部分もあるので、専門的な業者に頼むと楽ですよ。

では、まとめをしていきます。

 

①のまとめ

  • 名義変更は相続人が「単独」か「複数」かで方法が違う
  • 遺産分割協議書の作成に注意
  • 運輸支局で名義変更を行う
  • 軽自動車の場合は、相続は必要ない
  • 軽自動車は名義変更のみでOK

 

②のまとめ

  • 譲渡の場合は、ダブル移転で行う
  • 仕組みが非常に難解→行政書士等に頼むと良い

 

③のまとめ

  • 軽自動車と普通車で廃車の方法が違う
  • 代行業者に頼む方が楽