一人暮らし学生の断捨離日記!服の徹底整理を実行【体験談1】

人生を輝かせたい。

自分自身を変えたい。

 

少し暗い人生で、何をやるにも面倒で….

こんな性格を変えたい。

 

そのためには、断捨離をしなくては。

断捨離は人生を輝かせるんだ!

 

ということは、全く意識していない、断捨離日記です。

 

まず、当サイト管理人は生前整理に興味を持ち、調べていました。

そして、断捨離を知ります。

 

せっかく、生前整理のブログを運営しているのに、

自分であまり実行していない。

周囲に知識や、やり方ばかりを紹介しても、自分でやらなければ意味がない。

そう思って、断捨離を始めたわけではありません。

 

単純に、自分の家が汚すぎて片付けようと思いました。

 

夏は、毎日「G」と戦い、風呂は真っ黒。

冬はコタツの下にゴミがごちゃごちゃ。

 

そんな生活をしていても全く問題なかったのです。

ただ、最近来客が多く、その度に、

「お前んち汚いな」と言われるのが、少しずつ悔しくなってきました。

 

ということで、家を少しずつ綺麗にしていこうと思います。

 

【現状】少しずつ積み重なる服たち

まずは、今回のスタートの状況を御覧ください。

 

下が見えていませんが、この下には無数に服が積み重なっています。

改めて見ると、少し不気味に見えます(笑)

 

まぁ、だいたい皆こんなものですよね!?

 

正直、こういう状態が1年近く続いていましたが、なんとも思っていませんでした。

 

いや、なんとも思っていない、というと若干ウソになります。

 

何度か、危機感を感じて、一度綺麗になるのですが、

すぐに物が積み重なり、さっきの状態に逆戻り。

 

そして、めんどくさくなって、もういいやと思うんですよね。

この日記を読みに来た方にも、同じ状況の方がいるかもしれません。

 

では、片付けをはじめていきましょう!

 

まず、「仕分け」をしていきます。

 

【断捨離スタート】いるかいらないか?見極める

とりあえず、仕分けをしていきます。

 

筆者は、「着る服」「着ない服」「微妙かな?服」

 

この三つに仕分けました。

左側の2つの島が要らない服。

真ん中のベージュの服が、保留。

そして、右側に少しだけ見えるのが、着る服です。

 

まだまだ服はあるので、続けて仕分けをしていきます!

 

昔から、服を買うのが好きだった筆者。

かなり大変な作業です。

 

最終的に、クローゼットの中のものを全部出し、

三つに仕分けることができました!

こちらが要らない服。

 

他にも、要らない服はたくさんあり、

「これは綺麗にならないわけだな」と再確認しました。

 

 

今の時点で、クローゼットの中は….

若干、画像が荒いですが…

かなりスッキリした印象になりました!

 

ただ、我が家にはまだまだ服があります。

 

窓のレール(?)を利用して、服をかけていました。

この服たちが原因で、窓が南向きでも、昼間から電気をつけています。

 

また、ロフトにもまだ服がありました。

これらを処分します。

 

そろそろ、くどいと思うので、捨てる分だけ載せておきますね。

主に冬服ですね。

中には、去年の冬に着ていたものもありましたが、この機会に捨てます。

 

さて、あれだけ散らかっていたクローゼットと、

カーテンレールにかかっていた服はどうなったのか?

 

結果を見ていきましょう。

 

【結果】断捨離やったぞ!

ここからは、今回の服の整理の結果を紹介します。

例のごとく、BGMは「ビフォーアフター」のあれでお願いします(笑)

 

まず、カーテンレールです。

まどに無数にかかっていた服。

この服が原因で、昼間から部屋の電気をつける生活。

 

このカーテンレールも….

カーテンレールにかかっていたたくさんの服。

その全てが整理され、全く何もかかっていない状態に。

 

外の世界が、部屋から一望できる。

素晴らしい景色が広がります。

 

続いて、あの汚かったクローゼット。

中に何が潜んでいるのかわからない。

やろうかやらないか?ためらいました。

 

掘り起こすのにも一苦労だったクローゼット。

そんなクローゼットも….

 

全てのものが取り出しやすい。

そんなクローゼットを目指しましたが….

 

見事に、その目標を達成いたしました。

服に関しては、冗談なしで10分の1程度になったと思います。

 

今後、これを維持することが最大の目標になりそう。

 

【知識】せっかく来てもらえたので….

せっかく当ブログに足を運んでもらえたので、少し知識的な部分も解説します。

 

今回紹介するのは、断捨離のやり方です。

断捨離のやり方は、三つのステップで行われます。

 

 

断捨離をするといっても、シンプルにみれば、この3つのステップしか無いのです。

あまり、気を張らずに、軽い気持ちで始めたいところです。

 

よく、ほとんど何もない部屋で、トランク1つで引っ越しが完了する、

なんて人が紹介されています。

 

ただ、あれは究極の形だと思いますよ。

筆者がやったのは、いわば「プチ断捨離」かもしれません。

 

ただ、それでも全然気持ちは違います。

(元があれだけ汚いわけですから笑)

 

あまり、完璧を求めずにやって見てはいかがでしょうか?

 

【感想】服の断捨離をして、気づいたこと

みなさんは、当サイトに来ていただいたということで、

断捨離に少しは興味があって、調べて頂いたと思います。

 

服の断捨離をしてから、3日が経ってこの日記を書いています。

 

今のところ、何のメリットを感じたか。

まずは、やはり服が取り出しやすいこと。

 

どこに何があるのか、すぐわかるので服を取り出すのが非常に楽になりました。

また、服を掘り起こす必要がないため、床に服が落ちないのが良いですね。

 

他には、こちらは精神的なものですが…

ウキウキします(笑)

 

いや、何言ってんだこいつ、と思ったかた。

やってみればわかります(笑)

 

片付いたところを何回も見て、達成感(?)に近い何かを、

何度も感じているところです。

 

今のところ、メリットを感じるのはこれくらいでしょうか?

 

今後、何かメリットを感じるかもしれませんので、

気づき次第、書いていきます。

 

【後悔】少し、甘かったなと思うところもある

正直、今回は本当に綺麗に片付いたと思います。

 

ただ、今回の断捨離で甘かったな、と感じるところもあるのです。

まず、「捨てられたのに、捨てられなかったもの」があります。

 

みなさんも断捨離を体験すれば、一度は感じることかと思います。

 

高かった服は、けっこう簡単に捨てられます。

なにせ、もう着ないのですから。

 

しかし、どうしても捨てられないものがあります。

それは「思い出の品」です。

 

今回、捨てられなかったのは、大学のサークルで作ったパーカー。

もう、ほとんど着ないし、使わない。

 

捨てる候補としては、一番手のレベルです。

ただ、これを捨てるのには、非常に勇気がいるのです。

 

これを捨てると「思い出がなぁ」….

みたいな気持ちに陥ります。

 

よく、ネットでは

「悩んだら捨てろ」

「過去を思い出さず、要らないなら捨てろ」

 

こういう言い回しをよく見ます。

けっこう、簡単に言っているみたいですが、意外に無理ですよ!?

 

結局、サークスのパーカーは捨てずに取ってあります。

このあたりが、非常に甘かったかなと感じました。

 

確かに、いつか捨てるものなんですよね。

だからいつ捨てても問題ない。

 

こう考えられるまでは、少し時間がかかりそうです。