【断捨離:CD&DVD編】上手な処分方法と収納のコツを解説!

部屋にスペースが無くなってきた!

これ以上、さすがにものを置けない….

すぐに部屋が汚くなってしまう…..

 

こんな状態になった時、

断捨離のタイミングにあるといえるでしょう。

 

断捨離をすることで、

部屋のスペースを開け、より生活をしやすい空間を作り上げたい。

 

そう思う人が、断捨離という言葉が有名になるほど、増えていきました。

今回は断捨離の中でも、趣味のジャンルになります。

 

CDやDVDって、何かと捨て難いものですよね。

 

今回は、CDやDVDの処分に関して、

当サイトの「プチ断捨離」の理念と合わせて、コツや方法をまとめます。

 

また、CDに関しても、DVDに関しても、

残しておきたいと思うものがあるはず。

そんなときの収納方法をまとめていきます。

では、はじめていきましょう!

 

【前置き】プチ断捨離とは….

CDやDVDの断捨離についてまとめる前に、

当サイトが考案した「プチ断捨離」という方法を紹介していきます。

 

最近、「過度な断捨離」のイメージが付きまとい、

たくさんの人が後悔する結果に。

 

特に、趣味のものをすべて断捨離してしまい、

後々、非常に後悔するようなことは多々あります。

 

当サイトがオススメする「プチ断捨離」では、無理な断捨離はしません。

なるべく、苦痛にならない断捨離をしていきます。

 

趣味のものは、捨てなくてもOK。

思い出のあるものなら、無理に捨てない。

 

こういった選定の方法を用います。

それでも、部屋がもとの汚い部屋にリバウンドしない。

 

これが「プチ断捨離」の強みです。

気になる方は、下記のページにまとめてあるので、

立ち寄ってみてくださいね!

【断捨離】無理せずできる方法とは!後悔なしで実行できるコツを紹介

2017.04.29

 

CD&DVDの断捨離のコツや処分方法をまとめてみる

では、ここから本題に入っていきましょう。

CDやDVDの断捨離のコツを解説します。

 

 

先程も説明したとおり、

「プチ断捨離」の理念にそって、CDとDVDの断捨離を行っていきます。

 

プチ断捨離は、以下のように断捨離が進みますので、ご確認ください。

 

今回は、内容の関係上、

STEP2とSTEP3の順番を入れ替えて、解説をしていきます。

 

では、CD編、DVD編にわけて、解説を加えていきますよ!

 

【断捨離:CD編】PCがあるorないで大きくやり方が変わる

さて、まずはCDの断捨離をしていきましょう。

 

みなさんの本棚は、現在こんな感じでしょうか?

こんな感じに、一杯になったCDラック。

これを整理するわけですが、CDの断捨離はPCがあるのか?ないのか?で大きく変わってきます。

 

察しが良い方はすでに気づいているでしょう。

そうです。

 

PCががある場合は、一枚一枚PCに入っているかを確認して、

捨てていきます。

 

最近は、データとして残すことができるため、

CD本体は必要ないことが多いですよね。

 

macの場合は、iTunes。

Windowsの場合は、PCが内にあるミュージックに入れるといいでしょう。

(WindowsでもiTunesを入れることができるので、そちらのほうがいいかもしれません)

 

一枚一枚、パソコンに入れ、CD本体をすべて処分していく。

これが、一番後悔が無い方法でしょう。

 

「でも、その方法めんどくさいよね!?」

こんな声が聞こえてきそうです(笑)

100枚以上CDがあれば、それは確かに面倒ですよね。

 

そういった場合、下記にある「PCがない場合」の方法を試すか、

1日一枚ずつという方法をとる必要があります。

 

この章では、後者の1日一枚ずつPCに取り込む方法を紹介します。

100枚以上あるCDでも、1日一枚ずつならできる。

 

これは、他社のサイトの方が行っていた方法ですが、

継続して1日に一枚ずつ取り込み、処分する。

 

この方法なら、一度にかかる負担は少ないと思います。

この方法を実践している方は、生活の中の予定としてCDの断捨離を組み込んでいました。

 

断捨離が成功するコツとして、

「長期的に見る」というものがあります。

 

一気にすべてをこなすよりも少しずつ、1日一箇所でもいいからやる。

こういった方法のほうが、成功しやすい傾向にあります。

 

大量にあって取り込みが面倒なら、負担を小さく分けてやっていきましょう。

それも面倒だよ!という方は、下記のPCがなしバージョンを御覧ください。

 

【断捨離:CD編】PCがない場合のやり方

PCがない場合は、仕分けからはじめましょう。

(実は、PCあり版でも応用できます。)

 

まず、仕分けをする際は、3つの山に分ける必要があります。

「もう、さすがに聞かないな」

こう思うCDに関しては、思い切って処分に回しましょう。

聞かないものが残っていても、邪魔になるだけです。

 

続いて、保留という項目。

こちらは、正直CDだとあまり必要ない項目かもしれません。

 

将来的には捨てようと考えているCDをこの項目に入れておいてください。

つまり「予備軍」ですね。

 

そして、残したいCD。

これは、そのまま残しましょう。

 

ちなみに、先程PCあり版にも応用できるといいましたが、

PCに入れる前にこの作業を入れて、取り込み作業を軽くすることができますね。

 

さて、仕分けができたら、次は収納です。

この部分は、下記の「収納」の部分でお話します。

 

では、収納編に行く前に、

非常に簡単に終わってしまうDVD編の仕分け部分を解説しておきます。

 

【断捨離:DVD編】データに残すのは少々難しい

続いて、DVD編です。

 

DVDはCDと違って、非常にデータ量が大きいという問題があります。

そのため、PCの上にデータとして残すのは、非常に厳しいものがありますね。

 

大容量のHDDなどを購入すれば、データ化することは可能。

しかし、そこまでするのか….?という自問自答を行ってみてから決めてください。

 

1、2枚ならなんとかなるでしょうが、

何十枚もある場合は、CDのPCなし編と同じことをしていきます。

 

DVDを3つの山にわけます。

もう必要ない、散々見たから見ない。

そういったDVDは、ぱっと捨てましょう。

この辺で迷っていると、なかなか片付きません。

 

続いて、保留の部分です。

CD編と同じく、あまり必要ない選択肢かと思われるのですが、

時間が経てば捨てられそうなものを、この中に入れておいてください。

 

最後に、今後も見るDVD。

こちらは、普通に残しておいてOKです。

 

次の収納編に移行します。

 

仕分けで注意すること

さて、ここまでCD編、DVD編ともに、

収納する前の段階である、取り込みや仕分けといった作業をしていただきました。

 

ここで、注意が1つあります。

どうしても、捨てたくない。

 

そんなCDやDVDがいくつかあると思います。

そういったものは、スペースをとっても捨てなくてOKです。

 

この後、収納編でパッケージをすべて捨てます。

要するに、外側を取って「円盤そのもの」だけの状態にするのです。

 

この際、外側のケースも含めて1つのアイテムと見ている場合、

残すとしても、けっこう辛い。

 

こう思う方がいると思うのです。

 

例えば、アニメのDVD-BOXなんかはそれに当たりますね。

このBOXをすべて一つと見て、好き。

 

そういったアイテムは、無理して捨てなくて結構です。

将来、環境が変わり、そのアイテムとも区切りが付く日が必ずきます。

 

その時まで、取っておいても何も問題はありません。

では、収納編に入っていきましょう

 

【断捨離:収納編】収納ファイルが大活躍

さて、ここからはCDとDVDの共通項目になります。

 

ここでは、仕分けをして残ったCDとDVDの収納です。

決して、仕分けをせずに収納をしないでください。

 

収納ファイルに入れることで、ボリュームは減らせますが、

実際の枚数は減っていないので、正直この先もどんどん物が増えていきます。

 

断捨離をして、仕分けをするという部分が抜けている場合は、

上の部分に戻って、確認してきてくださいね。

 

では、収納です。

ここでは、CDやDVDを収納ケースに入れる方法を取ります。

 

CDファイルは、近くのホームセンターに売っています。

もし、購入しに行くのが面倒な場合は、Amazonでも良いのが売っていますね。

 

↑こちらが、かなり人気のようです。

 

さて、CDやDVDをファイルに入れるのですが、

当然、外側のケースは捨てます。

 

ただ、その中でも「ケースも含めて好きなんだ」

こんなCDやDVDがあるかもしれません。

 

その場合は、それを厳選して残すようにしてください。

「仕分けの中の仕分け」ですね。

 

ただ、やはりCDやDVDのケースは、場所を取ります。

なるべく、厳選しておきたいところです。

 

CDファイル一枚で余裕だよ!

といえるぐらいまで仕分けられるといいですね!

 

さて、最後に処分です。

取り込んだCD、仕分けをして処分することになったCD&DVD。

 

これらを処分するなら、捨てるのはもったいないですよね。

そこで、「買取」に回す方法があります。

 

 

【断捨離:処分編】買取専門の業者に売ろう

最後は、処分です。

収納と前後してもいいですが、そのあたりの順序は問いません。

 

さて、せっかく処分することにしたCDやDVD編。

なるべく高く売りたいですよね。

 

こういったアイテム達は、どういった業者に頼めばよいか。

みなさんは、まずどこの店を想像しますか?

 

「ブックオフ」や「万代書店」を想像した方。

残念ながら、それはかなり損をする売り先です。

 

「買取+販売」を行う業者は、どうしても他の部分のコストがかかってしまい、

その分だけ買取額も減少してしまう。

 

そのため、「買取専門」のお店に売るようにしましょう。

 

他のジャンルなら、街の中に「買取専門」のお店があるかもしれません。

 

しかし、CDやDVD、ゲーム関連はほとんど買取専門の業者は存在しません。

(筆者は一度も見たことがないですね)

そのため、ネットでの買取がかなり楽でお得な選択肢になるのです。

 

最近はネット買取のサービスが豊富

ここ最近、断捨離などの言葉が有名になり、

ネットでの買取店が非常に増えていきました。

買取専門の業者も多く、非常に優秀です。

 

当サイトでは、「まとめ売り」のサービスが豊富で、

高価買取を実現できる業者をオススメしています。

 

そういった業者は、実は複数あるのですが、

その中でも特に優秀なのが、「Buy王」という業者。

 

当サイトおすすめはBuy王

買取専門業者として、有名な業者の「Buy王」

Buy王の強みは、「買取額の高さ」「まとめ売り」です。

 

やはり、業界最王手ということで、買取額も安定して高い。

 

また、まとめ売りも優秀です。

CDやDVDのなどは、まとめ売りに適したアイテム。

枚数が多ければ多いほど、追加で買取額が高くなるシステムです。

 

以下の画像を御覧ください。

こちら、Buy王の公式サイトに載っている、

料金UP表です。

 

100点まで行くと、買取額が35000円追加されます。

たくさんのものを売る際に、非常に優秀な業者なのです。

 

また、業界内でもトップスピードの買取。

このあたりも嬉しい制度ですね。

 

他のジャンル(例えば、美容や健康器具)と、

CDを一緒に売っても、この値段は適用されるため、

意外に簡単に買取UPラインを越えることができますよ!

 

買取に関する他の疑問や、取扱ジャンルなどは

公式サイトよりお確かめください!

 

BUY王(バイキング)の公式サイトへ

 

まとめ

今回は、CDやDVDのの断捨離に関して、情報をまとめました。

 

今は、パソコンもあるので、すべてをPCに入れれば、

かなりのスペースを開けることができます。

 

また、残すCDやDVDに関しても、CDフォルダを使えば簡単に整理できます。

 

このあたりのコツを上手く使って、整理収納をしてみてください!